Love life, Love age Serendipity

blog

2016.11.24  |  Lifestyle

マナーとは相手への思いやりです

11月22日放送のFM791「ときめきセレンディピティ」のゲストは

マナースタイリストの伊藤けい子さん。

熊日すぱいす*spiceの「マナーナビ」でもおなじみですね。

ビジネスマナーや魅力学を多くの人に伝えているけい子さんに

大人の女性が知っておきたいマナーについて話をお聞きしました。

img_3401
 

ーマナー講師になったきっかけを教えてください。

伊藤 銀行の秘書課に勤務し、マナーの大切さを知ったことがきっかけです。大切なマナーを多くの人に広めたいと思いました。

 

ーけい子さんにとってのマナーとは?

伊藤 相手を思いやって、臨機応変に対応することがマナーの基本です。マナーを身につけることで、人間関係が良くなったり、場の雰囲気が良くなったりします。

 

ーこれだけは気をつけていることは?

伊藤 立ち居振る舞いを美しく、身の回りの整理整頓には気をつけるようにしています。また、毎日少しの時間でいいので、自分を癒やす時間を持つこと。きれいなものをなるべく見るように心掛けています。

 

けい子先生に、ちょっとした心掛けで、大人の女性が魅力アップできるポイントを教えていただきました。

1)姿勢を美しくしましょう

寝ている時以外、おへその下の丹田に力を入れるようにしましょう。

常に丹田に意識して動いていると、女性のきれいなカラダのラインが出てきます。

 

2)お食事の時は、箸置きを使いましょう

立ち居振る舞いの基本はお食事です。食べる前にきちんと手を合わせて「いただきます」と言って、お箸を持って食べること。食べ終わったら、また箸置きに箸を戻しましょう。

小さいお子さまがいる家庭でも、3度3度のお食事では、箸置きを使う習慣をつけていただきたいですね。

小さな習慣の積み重ねが、立ち居振る舞いにも現れてきます。

 

3)先を意識しましょう

意識するのは、頭、手、足。

頭は、ヘアスタイルを整えるだけでなく、髪の色は自分に似合う色を選び、ケアを怠らないようにしましょう

手は、ハンドクリーム、ネイルなど指先のお手入れを忘れずに。

物を人に渡す時は、必ず両手を使うなど、意識しましょう。

足は、脚を常にきちんと揃え、靴のお手入れを忘れないようにします。

 

たった3つのシンプルなことですが、毎日続けてみましょう。

あなたの中にステキな変化が現れるはずですよ!

 

 

◎今日のナンバー

■ケニー・ロギンス&スティービー・ニックス「Whenever call you “friend”」

スティービー・ニックスとのデュエット曲です。ケニー・ロギンスの甘い歌声に、妖艶なスティービーの声が不思議にミックス!

■ カイリー・ミノーグ&ジェイソン・ドノヴァン「Especially for you」

90年代に人気を博したセクシーなカイリー。結婚式などでよくかかった曲なので、聞いたことのある人は多いのでは? 乳がんを克服した後も、精力的な歌手&女優活動を続けているみたいですね。

 

◎放送を終えて

街ですれ違った女性をステキ!と思って振り返るのは、決まって、姿勢が美しい人が多いような気がします。年齢に関わらず、背筋がピンと伸びている女性は美しいものです。「眠っている時以外は、常に丹田に力を入れましょう」というけい子先生の教えを守るのは簡単ではなさそうですが、ステキな女性は1日では作られません。毎日の小さな努力の積み重ねを忘れないようにしたいものですね!

 

 

 

 

 

 

 

All magazine entries

recent entries