Love life, Love age Serendipity

blog

2017.10.11  |  Health

老婆は1日にしてならず。ストレスと心のケアを大切に。

 

FM791で7月25日放送の「ときめきセレンディピティ」。

ゲストは、春日クリニック院長の清田真由美先生でした。

以前から取材等でたびたびお世話になっている

女性としても、とっても尊敬できるドクターです。

 

春日クリニックは、熊本駅の新幹線口の目の前にあります。

開業して25年、

現在は医療と介護両面から全力で地域を支えていらっしゃいます。

なかでも力を入れていらっしゃるのが、更年期以降の女性の健康のケアです。

 

「子育てや介護、地域のボランティア、仕事など

中心的な存在として活躍している女性たちを支えずして、地域を支えることはできません。

しかし実は、自分のことは後回しで、体調不良の女性が多いんです。

そんな女性たちが健康でいることが、地域の活性化につながると考えています」と清田先生。

 

クリニックに女性専用外来を開設。

体調不良やストレスに気付いていない女性の悩みやストレスに寄り添いながら

女性たちの健康を守っていらっしゃいます。

 

また1999年には

更年期世代の女性の悩みを聞きながら話をする場として

「おりひめの会」を発足。

2カ月に1回の開催で、これまで80回以上も継続していらっしゃいます。

 

「男性に比べると、女性は寝たきりになるなど、不健康寿命が長い。

そのスタートは、更年期にあります。

ともすれば更年期の症状に気を奪われがちですが、老化も確実に進んでいます。

骨粗しょう症や高脂血症などが自覚症状がないままに進行していることも。

生理があっている時でも

女性ホルモンのパワーは少しずつ低下して、

骨密度は下がり、コレステロールは上がっています。

表面の女性らしさ以上に、内面の健康が奪われていることに

ぜひ早めに気が付いていただきたいですね」(清田先生)

 

さらに、

「親の介護をしている時に、自分の姿も重ねて見てもらいたいと思っています。

ローマは1日にしてならずではないけれど、

『老婆は1日にしてならず』。

自分が少しずつ変化をしていくことを受け止め、

いい食事を取り、

時には自分にご褒美の時間をあげること。

心の豊かさ、やすらぎの時間を確保して、

ストレスとからだのケアをしていただきたいですね」(清田先生)

 

IMG_6047のコピー
 

清田先生、ありがとうございました🎶

 

IMG_6047のコピー
 

春日クリニックのホームページはこちらから

↓↓

http://www.seisinkai.or.jp

おりひめの会のことはこちら

↓↓

http://www.seisinkai.or.jp/orihime.html

 

 

 

 

 

 

All magazine entries

recent entries